マンションを貸したいけど本当にキレイに戻ってくるの?

さて、本日のコラムは、「マンションを貸したいけど本当にキレイに戻ってくるの?」という内容です。これは、非常に多くのお客様にご質問頂きます。まずは、不動産を貸し出す際に入居者と締結する賃貸借契約についてご説明します。この契約書に「原状回復義務」という内容が記載されています。簡単に言うと、入居者は退去の時に入居した当時の状態まで修復する義務があるのです。ここで、1点注意が必要なのは入居者の故意や過失以外の経年劣化によるものは義務を負いません。例えば、日当たりの良い窓際のクロス等は、数年経つと少し日焼けして色味が変わる事もあります。この場合、オーナーが住んでいても入居者が住んでいてもこの結果になりますので、オーナーが負担すべき金銭となります。逆に、タバコを吸ってクロスが変色した様な場合は入居者の負担となります。物をぶつけたりして損傷した場合等も当然そうなります。
(※ちなみに、脱線しますが喫煙不可として賃貸借契約を締結する事も可能です)
また、退去時のクリーニング費用を予め取り決めておく事が一般的ですので、一般的には、退去時にオーナーが金銭を負担する事は少ないです。

「払いたくない」と言われてしまったらどうしよう?
といったご心配もあるかと思います。ご安心下さい。入居時に敷金をお預かりし、原状回復工事費用を差し引いて入居者へ返金しますので問題ありません。
念押しで、賃貸保障会社と別途契約を締結して原状回復費用にも保険をかける事も可能です。

以上、いかがでしたでしょうか?ご不安は解消できましたか?

退去時の室内チェックや工事発注、金銭処理は全て不動産店で行いますので、退去時も特段の労力はありません。

ご不明点があれば、お気軽にお問い合わせ下さい!


マンション貸すならリライフへお任せ下さい。

引き続き為になるコラムを書いていきます。ぜひご覧下さい。